ラミネートフィルム

ラミネートフイルムの構成

ベースフイルム(基材)

熱ラミネートに使用されるフイルムのベースは大きく分けて次の2種類です。
PET(ポリエチレンテレフタレート、通称ポリエステル)
PETフイルムラミネートは、飲食店のメニューや診察券などの用途で幅広く使用されています。
強靭で、耐水性、耐熱性、耐衝撃性があり、防湿性やガス遮断性にも優れています。身の回りでも、衣類(繊維)、飲料ボトル、ブリスターパック等の包材など、幅広く使用されています。
TOLAMIでは上記用途の他に写真用印画紙の長期保存用に、透明度の良い写真用PETフイルムを推奨しています。
PP(ポリプロピレン)
PPラミは本の表紙やカバー、化粧箱等(片面)、定期入れ用のカレンダー等(両面)の様に、主に印刷物の後加工で使用されます。PETに比べ安価ですが、耐久性は若干劣ります。日用品では食品包材や、近年は脱塩ビの傾向から文房具や自動車の内装材などに使用されています。
その他 ナイロン等、国内ではごくまれです。

熱可塑性樹脂(糊材)

一般的に熱ラミネートフイルムは、2~3層式(基材+熱可塑性樹脂)になっており、基材側から加熱し、熱可塑性樹脂を軟化・溶融させ糊状にして、圧力をかけて貼り合わせます。
ラミネート後冷却することにより、透明性を保ったまま固化します。主な素材としては、LDPE(低密度ポリエチレン)、IO(アイオノマー)、EVA(エチレン酢酸ビニール共重合体)などが挙げられますが、いずれの素材もポリエチレン、または極めてそれに近い性質のものです。ポリエチレンは、スーパーの買い物用ポリ袋等に使用されている、ご家庭でもおなじみの素材です。
上記のフイルム用材料は、いずれも炭素と水素から構成されており塩素系物質は一切使用していませんので、焼却すると水と炭酸ガスになり、塩化水素ガスなどの有害なガスやダイオキシンを発生させることはありません。食品や医薬品の包装にも使用されている様に、非常に人体や環境に優しい素材です。
  • ラミネートフィルムの構成
  • PETフイルム ライン
  • 印刷用PPラインナップ
お問い合わせ先
注文フォーム
東京ラミネックス株式会社
  • TEL03-3268-5550
  • FAX03-3268-5744
営業時間:月~金(祝日および休業日を除く)9:00~17:00
  • TOLAMIラミネーターロングセラーの理由Reason for long-seller
  • 初めての方へ導入までの流れInstall instructions
  • 動画で確認!!ラミネーターデモムービーWatch how the machines operate
  • PETフイルム ラインナップ
  • PPフイルム特殊用途フイルム
  • TOLAMIラミネーターカタログダウンロード

展示会のお知らせ

KOBUNDOセレクションin盛岡2017
【印刷機材展】
日時 :
2017年10月6日(金)~7日(土)
場所 :
岩手県盛岡市
会場 :
盛岡地区勤労者共同福祉センター 大ホール
詳細はこちら
ページTOPへ